読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『かなり』

私が感じる「かなり」なことを徒然に。

【スポンサーリンク】

次期アメリカ大統領

思ったこと

どうも、予約投稿の坂津です。

私の母が天然なのって、お話したことありましたっけ?

 

母「ねぇ、ラブちゃん(私の妻)ってそろそろ誕生日じゃなかった?」

私「そうだね」

母「何か欲しいもの無いのかな?」

私「物にはこだわりがある人だから、贈るんなら消え物が良いよ」

母「そっか、ラブちゃんお芝居とか好きだもんね」

私(食べ物とかじゃなく?確かにチケット系も消え物か・・・)

母「どんなのが好みかな?」

私「ん~、演目より役者で選ぶフシがあるからなぁ・・・」

~数日後~

妻「ねぇ、お義母さんからのプレゼントなんだけど・・・」

私「ん?どしたの?」

妻「謎の壺が入ってる・・・」

消え物(きえもの)とは、以下に示す語義を持つ日本語である。

1.舞台演劇・芸能・映像分野の専門用語および業界用語で、使うとすぐにも無くなるか消耗が始まる種類の小道具。

2.贈り物(贈答品)のうちで、使うとすぐにも無くなるか消耗が始まる種類の物(食品、洗剤、入浴剤、香など)を指して言う、やや定義の曖昧な現代的俗語的日本語。

3.的屋が扱う商品のうち、使うとすぐにも無くなる種類の食品。

 私「そっちの消え物かぁーっ!!要らねぇー!!」

 

 

お芝居などでストーリー上、破壊することが決まっている小道具のことを消え物と呼びますが、母がなぜそんなことを知っていたのか謎です。

f:id:sakatsu_kana:20161110185017j:plain

 

 

母「ラブちゃんの誕生日、ごはん食べにおいでよ」

私「え?良いの?」

母「もちろん。ラブちゃんの好きなワイン用意しとくからね」

私「やった。喜ぶよ~」

母「でもアンタは飲んじゃダメよ?」

私「分かってるよ。運転手だからね」

母「アンタの分はアレ買っといてあけるから、アレ」

私「ん?お茶でいいよ?」

母「いやいや、気分だけでも。アレ、ほらアレ」

私「なんだろう・・・ジンジャーエールとか?見た目がシャンパンぽいけど」

母「そんな名前じゃなくてね・・・えっと・・・」

私(何でもいいけど)

母「メルシャン!」

私「買ってくれるの!?」

 

シャンメリー(ノンアルコール炭酸飲料)のことでした。

f:id:sakatsu_kana:20161110190445j:plain

 

 

母「そう言えば、あの~、ほら、百人一首!」

私「・・・は?」

母「違うか・・・そうだよね、外人さんだもんね」

私「え?何のこと?」

母「分かった!カルタ!カルタさんが当選したね!」

私「・・・誰?」

母「あんた、テレビ見てないの?」

私「母ちゃん、もしかして・・・アメリカ大統領のこと言ってる?」

母「そうだよ!カルタさん!」

私「はぁ(嘆息) 違うよ母ちゃん・・・」

母「え?カルタさんじゃ無いの!?じゃあ誰なの?」

私「“ド”から始まるよ」

母「ど・・・ど・・・」

母「ッ!!」

母「ドンジャラ!?」

 

ドンジャラってまだあるんですかね。

f:id:sakatsu_kana:20161110173649j:plain