読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『かなり』

私が感じる「かなり」なことを徒然に。

【スポンサーリンク】

マッドマックス 私のデスロード

思ったこと 遭遇したこと

どうも、予約投稿の坂津です。

※本エントリには生物界における捕食シーンが登場します。苦手な方はお戻りください。

※本エントリの内容とタイトルには何の関連性もありません。

※本エントリは勢いとテンションだけで書かれています。

※本エントリは先日の記事の内容を踏襲しています。

上記のエントリにブックマークコメントをくださった方々に、どうしてもお伝えしておきたい事があります。

 

それは「私より先に諦めないで欲しい」ということです。

 

どのコメントも「頑張ってね」「お土産よろしく」「旅先からでも更新できるでしょ」という、出張が決定したかのような内容ばかり!

 

「こんな手段で出張をキャンセルできるよ」

「こう言えば回避できるんじゃない?」

みたいなコメントがひとつも無いじゃないですか・・・。

 

いや、判ってるんです。

その方がネタ的に面白いということも。

そもそも普通の会社なら、行けと言われた時点でNOはあり得ないことも。

 

だがしかし!

すでに命運尽きた状態からでも、起死回生の手が打てることだってあります。

絶体絶命のピンチからそれを乗り越える!

私が手にしてきた教科書(少年ジャンプ)にはそんな教訓しか載ってませんでしたよ!

だから私は諦めない!

 

f:id:sakatsu_kana:20161102162647j:plain

まず叫びます!

「助けてー!!!出張やだよー!!」

誰かにこの声が届くまで精一杯、力の限り叫びます!

 

 

f:id:sakatsu_kana:20161102163018j:plain

そして限界まで抵抗します!

腕も足もプルプルしますが、それでも諦めません!

「いやだ!行きたくない!!!」

 

 

f:id:sakatsu_kana:20161102163129j:plain

運命の波に飲まれてなるものか!

決してこの手を放さない!

 

 

f:id:sakatsu_kana:20161102164429j:plain

押してダメなら引いてみる!

ジタバタせずに引っ込んでみようじゃないか!

守りを固めるのも大切だ!

 

 

こうして私は、あの手この手で出張をキャンセルしようと努力しました。

そしてついに、社長に直談判できる場面を作り出すことに成功したのです!

f:id:sakatsu_kana:20161102165332j:plain

 

ああ、ごめんごめん これで・・・よしっと

 

f:id:sakatsu_kana:20161102170343j:plain

 

やった!やりましたよ!

謎だった帰国行程が埋まりました!

f:id:sakatsu_kana:20161102170531j:plain

ご心配いただいたみなさん!私は帰れるんですよー!!!

 

フィリピンからの帰国行程が無いなんて、私も気付いていなかったというのに皆様の観察力の鋭さったらホントに!

お陰でしっかり書き足してもらえました!

 

 

ってアホかぁーッ!!

f:id:sakatsu_kana:20161102171810j:plain

帰るとか当たり前じゃー!!

f:id:sakatsu_kana:20161102171818j:plain

その前に行きたないんじゃー!!

f:id:sakatsu_kana:20161102171849j:plain

V8!V8!V8!V8!

f:id:sakatsu_kana:20161102172416j:plain

 

 

 

すみません。

取り乱してしまいました。

 

 

じゃあ、来週のは他の誰かに行ってもらおうかな

 

 

とりあえず冷静な話し合いの結果「大阪⇒マニラ⇒台北⇒福岡」のルートは行かなくて良くなりました。