読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『かなり』

私が感じる「かなり」なことを徒然に。

【スポンサーリンク】

型をしっかり身に付けていないと型破りなことはできない

思ったこと 加納くん

どうも、坂津です。

仕事のドタバタとプライベートのナンヤカンヤが重なってピンチです。

 

f:id:sakatsu_kana:20160920113251j:plain

 

基本的にはどんなに体調が悪かろうが、感染症などで無い限りは出社する私が、ちょっと今週はヤバい感じです。

初めて有給休暇というやつを使ってしまいます。

 

というのも、私の可愛い可愛い甥っ子に弟が生まれるのです。

来月の予定だったのですが妹の容体が急変し入院。

里帰り出産ということで甥っ子ともども実家に来ていたのですが、妹が入院ということは甥っ子の面倒をみないといけません。

それは本来、妹の(私の)両親の役目なのですが、しかしここで母が入院。

 

どちらも大したことではないのですが、しかし人員が無くなってしまいました。

母に父を充てるとして、甥っ子をどうにかしないといけません。

妹の旦那さんは毎週末、実家に来てくれているので無理は言えません。

 

そこで私の出番というわけです。

 

ただ、今週は平日が少なく業務が圧迫されているので、私も全日ずっと体を空けるのは厳しそうです。

そこで妻も動員し、どうにかこうにかやりくりすることになりました。

 

坂津「・・・というわけで、すまないが今週はほとんど社内に居ないと思ってくれ」

加納「かしこまりました。まずは火曜、水曜、金曜の課長の予定を教えてください」

坂津「こっからここの案件が出荷になるのと、このファイルが製造状況の確認」

加納「あとはコレの発注書をお客様に確認と、この原稿の差し替えですかね」

坂津「そうそう(相変わらずすごいなこの子)」

加納「以降、課長宛てのメールは僕が処理しておきますね」

坂津「ありがとう。助かるよ」

加納「判断が必要な場合はお電話しても大丈夫ですか?」

坂津「ああ、病院に居るからすぐ出られないかもしれないが、掛け直すよ」

 

こういう時の加納くんは本当に助かります。

川尻浩作に成り変わった吉良吉影を見てトキメク川尻しのぶの気持ちです。

すみません、分かりにくいですね。

 

加納「もし差し支えなければ、お母様と妹さん、ご実家の場所を教えて頂けますか?」

坂津「ああ、構わないが。どして?」

加納「課長の事ですからきっと、会社とご実家と病院を往復されるでしょう?」

坂津「ああ、必要があれば動こうと思っているよ」

加納「ではこれが最短ルートです。ただ夕方の渋滞時はこの抜け道を使ってください」

坂津「加納くん、出来過ぎてキモいよ」

加納「ありがとうございます。褒め言葉として記憶しておきます」

 

ああ加納くん、私のあとを継げるのは君しかいない!

私が次のポストへ昇進する時には加納くんを課長職に推薦しよう!

業務経験がナンボのもんじゃい!彼ならできる!任せられる!

本当は会社と病院を出たり入ったり超絶忙しくなることを覚悟していたのですが、加納くんのおかげで思ったよりも楽ができそうです!

 

こうして私は安心して甥っ子と入院中の妹の面倒をみることができることになりました。

 

 

加納「もしもし加納です。坂津課長、確認させていただきたいことが」

坂津「はいはい、何だい?」

加納「本日出荷の案件ですが、台風の影響もありますので着荷が遅れる旨をお客様に連絡しようと思いますが、よろしいでしょうか」

坂津「それは良い気配りだね。ありがとう。是非とも連絡してくれ」

 

加納「もしもし加納です。坂津課長、確認させていただきたいことが」

坂津「はいはい、何だい?」

加納「雨が激しいので自転車置き場の自転車が濡れるという件ですが、ビニールシートを購入して対応してもよろしいでしょうか?」

坂津「あ、うん。良いんじゃない?経理に聞いてみな?」

 

加納「もしもし加納です。坂津課長、確認させていただきたいことが」

坂津「おう。どーした?」

加納「本間先輩から課長のお休みの理由を問われましたが、そのまま答えて良いでしょうか?」

坂津「別に構わないよ。どうせブログ読むだろうし」

 

加納「もしもし加納です。坂津課長、確認させていただきたいことが」

坂津「え、何?」

加納「本間先輩と桐谷さんへの年貢は課長の引き出しから納めておけばよろしいでしょうか?」

坂津「あ、うん。そうして。ありがとう」

 

加納「もしもし加納です。坂津課長、確認させていただきたいことが」

坂津「あいよ」

加納「昼休憩の時間を変更したいのですが」

坂津「良い感じにしといて」

 

加納「もしもし加納です。坂津課長、確認させていただきたいことが」

坂津「ん~」

加納「お休みの分の掃除当番を入れ替えて・・・」

坂津「適当によろしく」

 

 

やはり経験は必要でした。

 

加納くんは教えたことは出来る子です。

1を聞いて10を知るという言葉がありますが、そんな奴が居ないことはよく分かっています。

加納くんは教えたところまでを充実にミス無くやってくれる有能な新人です。

しかし業務における判断は経験値が物を言います。

 

「適当にやれる」というのは、その物事についての全容を把握しているからこそできることなのです。

10まで知っているから、「コレは3程度で良いな」という判断ができるのです。

 

今週は出たり入ったりのめまぐるしい一週間になりそうです。