読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『かなり』

私が感じる「かなり」なことを徒然に。

【スポンサーリンク】

記事を書くのは15分と豪語した私が自分を信じられなくなったので書いてる時間をちゃんと計ってみた

思ったこと

どうも、坂津です。

どうやら私が日々の記事を15分で書いているのが異常なことであるような気がしてきました。

皆様のブックマークコメントによると、どうやら早いらしいのです。

f:id:sakatsu_kana:20160831185300j:plain

 

夜中たわしさんが記事にもしてくださいました。

いつも積極的に質の良い記事を書こうとされているたわしさんと私の駄ブログを比較されるなど、まさに月とスッポンですので比べないでくださいよと言いたい。

しかし、こんなにも「15分は早すぎる」と言われると、なんだかそんな気がしてきてしまいます。

 

もしかして私はキーボードを叩いている間、知らず知らずに時を止めているのかもしれません。

f:id:sakatsu_kana:20160831161646j:plain

 

それならそれで良いのですが、もし「私の体感では15分だけど、本当は150分くらい書いてるよ坂津さん」なんて事実が明らかになったら困ります。

 

そこで今回はきっちり15分を計りながら書こうと思います。

 

まず最初のブックマークコメントのスクリーンショット画像をフォトショップで加工(切り取りと矢印挿入)します。

たわしさんの記事を購読ブログの中から探してきてリンクを貼ります。

DIO様の画像を用意します。

 

おお、ここまでで6分とか、意外とかかってますね。

本当に15分なのか怪しくなってきました。

 

あと9分で言いたい事を書ききってしまわねばなりません。

 

しかし15分というのは短いようで、割と長いんじゃないかとも思います。

1日は24時間であり1440分です。

そのうちの15分ですから、約1%を占めていることになります。

 

1%ってかなり大きいと思います。

 

利息が1%の銀行があったら絶対に預金します。

国民の1%が二次元オタクだったらその国はどうなるでしょう?

貴方の年収の1%をくださいと言われても、あげませんよね。

毒物が1%混入されているものは飲みません。

 

ね、15分は割と長いんです。

 

どんなベテランも15分は入れませんし。

f:id:sakatsu_kana:20160831191235j:plain

 

活動限界は5分ですし。

f:id:sakatsu_kana:20160831192028j:plain

 

3分以上は危険ですし。

f:id:sakatsu_kana:20160831193801j:plain

 

 

だから私がこの記事を書いている15分というのは決して短くないんです。

 

書くことを決めて、挿入する画像の質を問わず、打った文章の読み返しをしなければここまで書いてまだあと3分残っています。

 

これで約900文字ですからあと1200文字打てば2000文字ですね。

 

さぁラストスパートです。

 

そもそも早いだけの記事に価値があるのか、ということについて私の考えを述べたいと思います。

書くのが早いということは、読者の皆さまにはまるで関係の無いことです。

例えばこの記事が5分で書かれていたとしても、逆に2年かけて書かれていたとしても、そこに価値は発生しません。

文章と言うものは、読み手側がどのような情報を受け取り、どのように解釈したかがその価値の大半を占めるものです。

 

「どのように書かれたか」は、特殊な例を除いて無価値なのです。

 

内容以上の価値を文章に与える状況としては

 

・出撃を目前に控えた特攻隊員が家族にあてた手紙

・遭難者が状況を綴った日誌

・岸部露伴ヘブンズ・ドアーの能力で相手に書き込む情報

 

こんな感じでしょうか。

 

私は死を覚悟した者でもなければ危機的状況に陥っているわけでもなく、またスタンド能力にも目覚めていません。

 

つまり私が書く文章には、その内容以上の価値は発生しないということになります。

 

しかし、この記事に価値は無くとも、ブログ執筆を時短できればその他のことに割ける時間が増える、ということに価値を見出すこともできます。

 

本当は皆さんも、こっちが狙いですよね。

 

 

それでは特別にお教えしましょう。

誰でも15分で記事が書けるようになる方法を。

 

 

 

すばやく書くためにキーボードを見ない。

みるのはモニタだけです。

まっすぐ前だけを見てください。

せすじを伸ばし、伸びをしましょう。

んん~ッ!!

方角はできれば南向きが理想です。

法則的には朝よりも夜が良いと思います。

とにかく打つ。

かんがえないのがコツです。

無心でキーボードを叩きましょう。

いかがですか?

できそうですか?

 

 

 

ここでタイムアップ。