読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『かなり』

私が感じる「かなり」なことを徒然に。

【スポンサーリンク】

仕事をしてないことに対する全身全霊の言い訳がこれだよ

思ったこと

どうも、坂津です。

f:id:sakatsu_kana:20160711173200j:plain

この土日は四六時中ずーっと妻と一緒に居ました。

ですのではてなブログにアクセスするスキが無く、この二日分の皆様の御記事を朝から今まで拝読させて頂いておりました。

(え?仕事は?)

 

私が購読中のブログは現在のところ105件あり、記事の新着を知らせる赤い丸印が付きっぱなしにならないよう、定期的にチェックしています。

(え?仕事中に?毎日?)

 

皆様の素晴らしい記事を拝読し新鮮な刺激を拝領することによって活性化した、私の小さな脳みそは、ちょっとだけ仕事をします。

(ちょっとなの?)

 

上司、部下、同僚、お客様などなど、方々から来ているメールを方々へ転送します。

(転送だけかよ!)

 

過去に作った資料の一部だけを最新の情報に書き換え、さもゼロから作り上げた風にドヤ顔で提出します。

(焼き直しかよ!)

 

ネットで拾ってきた文章をそのままペーストした書類をベースに会議をします。

(逆によく見つけたなそれ)

 

こうして時間を節約し、効率の良い仕事をすることで捻出された時間をブログ活動、略してブ活に充てることで、私は充実した人生を過ごしています。

(それで仕事してるって言えるのかね)

 

 

 

 

・・・さっきからうるさいな、誰に向かってそんなことを言っているんだお前は。

(は?お前だよお前。さっきからもっともらしいこと言ってサボってんじゃねぇぞ)

 

私はサボってなどいない。人聞きの悪いことを言うもんじゃない。

(出勤してから定時まで延々ブログを読んでるだけなのにサボってないだと?)

 

違うね!メール転送とかしたね!資料も作ったね!ブログだけじゃないもんね!

(それって1時間そこそこだろ?あと7時間なにしてたんだよ、あぁ?)

 

か、会議とか出てた!あと、あと、打ち合わせとかした!あと・・・あと・・・

(ハッキリ言おう。お前は仕事をナメている)

 

そんなことないもん!ちゃんとしてるもん!部下に指示とか出すもん!

(自分の仕事を分割して、他人に再配布してるだけだろ?)

 

それで良いんだよ!管理職なんだからそれで良いんだよ!

(じゃあ聞くが、お前は何を管理しているんだ?)

 

このブログじゃぁ!

(それがダメだって言ってんの!)

 

え!?

(え!?)

 

ダメなの?

(いや、ダメだろ)

 

だって“記事の管理”とか書いてあるよ?管理してるよ?

(そーゆーんじゃねぇから。仕事しろって言ってんの)

 

だから管理職はもう実務なんてほとんど持ってないんだって。

(そうなの?)

 

そうだよ。基本的には部下の仕事の進捗把握と問題解決が仕事だから。

(え、じゃあ普段は何するの?)

 

普段?別に何もしないよ?特に問題が無い日はずっとエロいこと考えてるよ。

(お前マジ最低だな)

 

でも何か問題が発生したら責任取るのは私だからね。

(どうやって責任とるの?)

 

場合によるけど、始末書も書くし土下座もするし自腹も切るし、色々やるよ。

(部下がしでかしたミスでも?)

 

当たり前じゃん、私の部下なんだから。

(やだ、ちょっとカッコいい・・・)

 

会社って、ある程度の規模になったら

・手を動かすけど責任の無い人

・ちょっとだけ手を動かしながら、責任の無い人を指導する人

・手を動かす必要はないけど部署全体に責任を持つ人

・責任を持つ人に、自分の思考を移植することに専念する人

の4つに分かれるんだよ。じゃないと組織として機能しないだろ?

(そ、そっか。で、お前は手を動かす必要はないけど責任を持つ人なんだな?)

 

そうだよ。だから、部下が存分にスペックを発揮できる環境を作ったら、あとは管理職の仕事なんて“そこに居る安心感”でしか無いよ。

(なんか、ごめんな、サボってるとか言って)

 

いや、分かってくれれば良いんだよ。誰にでも間違いはある。重要なのはそれに気付くことと、その誤った認識を改めることさ。

(お前、つくづくカッコいいな!)

 

よせよ、照れるじゃないか。さて、じゃあブ活を続けようかな。

(おう!頑張れよ!・・・あれ、でもお前は何でブ活なんてやってんだ?)

 

そりゃさ、さっき会社内の役割が4つに分かれてたろ?

(うんうん)

 

“責任を持つ人に、自分の思考を移植することに専念する人”の思考って、一朝一夕じゃ理解できないんだよ。親の心子知らずってのが一番しっくりくる表現かな。

(でもそれを浸透させるのがその人の役目なんだろ?)

 

そうだけど、それは一方通行では絶対に実現できないからさ。双方の歩み寄りがあって初めて実現できるんだよ。

(そういうものなのか。で、それとブ活が何の関係があるの?)

 

人の思いや気持ちを理解するのって、経験値が物を言うことが多いんだよ。だから私は記事を読ませてもらって“こういう風に考えるのか”とか“この発想は素晴らしい”とか“こんな考え方を私もしたい”なんて思いながら皆さんの人生のカケラを集めてるんだ。

(人生のカケラ、か。確かにブログって、その人の人生のカケラだよな)

 

そう。起きた事実の記述、好きなものの羅列、何かの感想、撮った写真、描いた絵、溢れだした妄想、紡いだ物語、作った作品、編み出した技、研究の記録、素直な気持ち、嘘の証言、家族のこと、恋人のこと、全部がその人の人生のカケラ。全部集めたってその人にはならないけど、でも確実に一部分ではあるからな。

(そのカケラを多く集めれば集めるほど、人の考えが読み取りやすくなるってことか)

 

ちょっと違うかな。人の考えを読み取るなんてことは不可能だよ。相手が教えてくれようとしない限りね。伝える側の伝えたい気持ちと、受け取る側の受け取ろうとする気持ちがきっちり合わないと、人の思考なんて伝わるもんじゃないよ。私がブ活をやるのは、人の言うことに耳を傾けることに慣れるためさ。

(そうか。やっと答えが出たな)

 

え?

(ブ活、迷ってたろ?)

 

・・・うん。正直、4ヶ月続けてもあまり自分自身に変化が無いし、なんのためなのか分からなくなってた。

(でも、思い出したんだろ?初心)

 

そうだな。お前のお陰・・・って、誰だお前。

(・・・)

 

おい、ちょっと、急に黙るなよ、おいって!

 

あーあ、ワケの分からん奴のせいでまた購読中の記事に赤いマークが。

f:id:sakatsu_kana:20160711182632j:plain

お、誰かが私の記事になにかアクションを起こしてくれたみたいだな。

有り難いことだなぁ。

 

さて、さっさと公開して、新着記事をチェックしに行こっと。