読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『かなり』

私が感じる「かなり」なことを徒然に。

【スポンサーリンク】

「“メモを読む”というメモをする」って、遠い世界の話だと思ってた

思ったこと

どうも、坂津です。

真夏日⇒姪っ子と外で遊ぶ⇒汗だく⇒喉が渇く⇒帰宅⇒エアコン様の御威光にすがる⇒ガリガリ君inシャンパン(コレ美味いですよ)⇒ベロベロ⇒床で昼寝

という最高の休日を過ごした私でございます。

15時くらいからの昼寝は結局20時まで続きました。

寝過ぎですが、幸せだったので良いのです。

で、そのとき、おつまみと晩御飯を兼ねて食べていたのが、スライスしたバゲットにチーズを塗って食べるという至極簡単なもので、これが超絶美味しかったです。

ブルサン ガーリック&ハーブというチーズで、もう素晴らしすぎ。

頂き物だったので調べてみると、日常使いしているお気に入りのクリームチーズkiriと同じ会社ではありませんか!

価格を見るとなかなか日常的には食べられないお値段でしたが、その分の満足感は充分に得られる商品でした。

f:id:sakatsu_kana:20160704111909j:plain

 

 

 

 

人の記憶というものはひどく曖昧です。

時間の経過によって脳内でどんどん改変されますし、場合によっては全く違う内容に作り変えられることもあります。

 

でもそれは仕方ないですよね。

 

記憶に頼ってしまった時点で、その情報の管理者は記憶者であって、それ以外の誰でもありません。

記憶者の脳内活動をアウトプットすることはできませんし、そこでどんな改変、再製、創造が行われるかは当人にも分からないのですから。

 

だからこそ「記録」が必要なのです。

 

しかし「単純な記録」ではダメです。

 

なぜなら、曖昧なのは人の記憶だけではないからです。

 

そもそも記憶になる前の「情報の解釈」の時点からフワフワしています。

 

10人で会議を行い、1週間後にその会議の内容をヒアリングしたら10通りの回答が得られることでしょう。

 

だから「なるべく解釈にズレが無いような明確な表現での記録」が重要です。

 

 

『大きな黒い荷物を満載したトラック』と記述したときに、解釈は分かれます。

1.大きくて黒い荷物、を満載したトラック

2.黒い荷物、を満載した、大きなトラック

3.荷物を満載した、黒くて大きいトラック

 

自分の理解と違う解釈は受け入れ難いと思いますが、無理やりにでも「そう解釈できなくもない」という余地があればそれは「そう思う人も居る」と考えた方が良いのです。

 

 

 

私の思考の記録であるこのブログは、ズレ無くブレ無く、誤った解釈が為される余地が無い表現で記述される必要があります。

 

そうなると、使用する単語の意味などもきっちりと定義付けしておかねばなりません。

 

例えば私が「微乳が好きだ」と記録した場合、では具体的に微乳とはどのようなものなのかを、事細かに克明に詳細に劇的に艶やかに滑らかに記述しなくてはならないということです。

私の言う微乳とは、

とは・・・

 

どうしよう。感覚的な言葉しか出てこない。

 

微乳ってのは計測結果の数値で表現できるものでは、断じて無い。

文字で表現するならば、そう、「夢」「浪漫」「憧憬」「自然美」などが該当しますが、それだけではまるで足りません。

 

どうしよう、誰か助けて。

 

私の中にしか無い私の微乳を誰にも誤解の無い表現で記録したいのに出来ないよう!

 

目の前にある乳を見て微乳かそうでないかの判断はできるのに、その基準を明確に記録することができないというのはどういうことなのか!

 

 

私は無力感に苛まれ、落胆し、そしてひとつの可能性を見出した。

 

私が過去あらゆる手段を使って収集してきた微乳フォルダ内の微乳ファイルから、私が明文化できないその共通点というか傾向というか、それをパソコンに探してもらおう。

指定したフォルダ内にある画像と類似した画像を、ネットの海から探し出すくらいのプログラムなら、そんなに難しくないハズです。

 

なんかそういうプログラムとかに詳しい友人に相談してみると「出来なくはない」という曖昧な回答が返ってきました。

 

しかしワラにもすがる思いの私はすぐに発注です。

微乳検索システムを構築するのだ!

 

 

友「じゃあデータベース作るからそのフォルダ頂戴」

私「1テラ近くあるんだけど、HDDに入れて送ろっか?」

友「あ、うん」

~2日後~

友「なぁ坂津よ」

私「なに?もうできたの?なにお前すげぇじゃん神じゃん早くよこせよもう!」

友「いや、まず謝っとこうと思って。ごめん、作れないわ」

私「はぁぁぁぁっ!?何言ってんのお前できるって言ったじゃん!」

友「いや、それはごめん。でも無理なのは無理だから。じゃあ」

 

あまりの出来事にご立腹の私でしたが、しかし不自然な友人の対応に疑問も残りました。

何が原因なのか、何がいけないのか。

 

翌日返送されたデータを見返した私は、ようやく理解しました。

 

私は微乳フォルダを送ったつもりだったのですが、そこには私の全てが入っていたのでした。

長年をかけて収集していくうちに、そのフォルダ内はオール微乳だという記憶改変が私の脳内で行われていたのでした。

 

 

あ、コレ、他人に見られちゃダメなやつだった。

 

 

そう気付いても後の祭り。祭りの後。

 

友人からのメールは「俺、グロ系とかアレ系、ソレ系、マジだめなんだ」という一文のみ。

 

それからは何もありません。

 

 

 

 

記録した内容ですらきちんと記録しておかないと、記憶だけに頼ると友人を失うこともありますよという教訓として、私はこれを記録します。