読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『かなり』

私が感じる「かなり」なことを徒然に。

ブログで商品を紹介するときって、やっぱリンク貼らなきゃいけないのかな

思ったこと

どうも、坂津です。

美容室で美容師さんに話しかけられるのが苦手なタイプです。

美容師さん的には「お客さんと会話をして人となりを知って初めてスタイル提案ができる」という感じでしょうか。

髪型って生活に密着していますので、よく知りもしない人に気軽におすすめなんてできないよという気持ちは良く分かりますし、素晴らしい心遣いだと思います。

ただ「お前、ホントにプロか?」というような会話運びの美容師さんも少なくないんですよね、残念ながら。

どう聞いても自分の自慢話にしか聞こえないようなネタをブッ込んできたり、今の職場(つまりこの店)の愚痴を垂れ流してきたり、私にはまるで興味が無いのに車輌改造のテクニックについて熱くレクチャーしてきたり、FX?デイトレード?か何かですごく儲けたお客さんの噂話を広めてきたり。

それ、私のライフスタイルとヘアスタイルに関係ないですよね?

というわけで、新業態の提案をしたいと思います。

「漫画喫茶+美容室=コミックサロン」

時間いくらの料金形態で、オプションの中にカットとかの施術が入る感じ。

お客は漫画を読むことがメインで、施術者との会話は最低限が基本。

しゃべりたい人は他の店に行けば良いよ。

 

 

 

 

中級ブロガーになるためのチャレンジ項目「ブログでお気に入りの本を紹介する」を消化するコーナー。

 

今日本当に言いたかったことは上に書いちゃったので、暇で暇でしょうがない方と、誰でもいいからおススメの本を紹介してくれという方以外は読み飛ばしてください。

 

 

私のおススメ本は、高橋克彦先生の東北四部作と呼ばれる「火怨」「炎立つ」「天を衝く」「風の陣」です。

内容の紹介は特にしませんが、キーワードは“歴史”“東北”“熱い男たち”です。