読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『かなり』

私が感じる「かなり」なことを徒然に。

今から言うことは、誰にも言ってはいけないよ?いいね、絶対だよ?

思ったこと

どうも、坂津です。

今回は皆さんにスッゴイことを教えちゃいます。

誰でも使える「魔法」について、その使用シーンから方法まで、詳しく書き残します。

天候を操ることも、飛行機を落とすことも可能な魔法です。

あまりにも簡単に実行でき、しかもその効果が絶大なので、もしかしたら政府とかから削除命令が来るかもしれません。

その時は速やかに削除しますので、今しっかり読んでおいてくださいね。

 

【朝、空を見上げたら曇り空。でも今日は雨に降って欲しくないときの魔法】

■必要なアイテム

折りたたみ傘、タオル、着替え、雨合羽、これらを持ってきていない知人

■呪文

「今日絶対雨降るから。え?傘持ってきてないの?馬鹿だな、絶対降るのに。ほら、これ見てこれ、折りたたみ傘とタオルと着替え。カッパもあるよ。いや、降るから。お前がびしょ濡れになっても絶対貸してやんねーからな」

 

 

【自分が乗っている飛行機を墜落させる魔法】

■必要なアイテム

婚約者、婚約者の写真が入ったペンダント、話を聞いてくれる隣の席の搭乗客

■呪文詠唱前の準備

真面目に生きましょう。コツコツを積み重ね、周囲からの評価を「不器用だけど良い奴」にしましょう。正義の心を持ち、誰からも愛される存在になることが必要です。

■呪文

「俺ね、明日結婚するんですよ。ほらこれ、見てくださいよ、キレイでしょ。俺が不甲斐ないから今までずっと苦労させてきたけど、これでやっと幸せにしてやれる。きっとあいつ空港に迎えにきてますよ。早く会いたいな」

 

 

【偶然のような必然の出会いを呼び寄せる魔法】

■必要なアイテム

食パン

■呪文詠唱前の準備

寝坊しましょう。学校でも会社でも、すでに遅刻が確定してから家を出ましょう。食パンを口に咥え、上着に袖を通しながら全力で走りましょう。

■呪文

「ちこくちこくー!」

 

 

【強敵同士の戦いで、第三者である自分が両者の無事を確保する魔法】

■呪文

「この戦い、どちらかが必ず・・・死ぬ!」

 

【崖から落ちた人の無事を確保する魔法】

■呪文

「この高さからでは助かるまい」

 

 

【圧倒的優位から、自然に相手に勝ちを譲る魔法】

■呪文

「冥土の土産に教えてやろう」

 

 

【地球を守る魔法】

■呪文

「いっけぇぇぇぇぇぇぇぇーッ!!!!」

 

 

【窮地でも助かる魔法】

■必要なアイテム

不要そうな何か

■呪文詠唱前の準備

日頃から「なんだこれ?」と唱えながら何かを拾い上げましょう。次に「ま、いっか」と唱えてそれを投げ捨てましょう。そして投げ捨てたハズの何かを再度発見したら、それがこの魔法の発動に必要なアイテムです。

■呪文

「な、なんだ?熱い!これは・・・あの時の!」

 

 

 

まだ色々とあるのですが、あまり紹介しすぎると私の身が危険なもので。