読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『かなり』

私が感じる「かなり」なことを徒然に。

『シンクロ』

ショート駄文

冴えないオタク男子が、電車内で出会った素敵な女性と恋に落ちる話。

インターネットの掲示板に書き込まれた恋愛相談が、やがて書籍化、映画化、漫画やテレビドラマにもメディアミックスされた恋愛ストーリー。

 

昔の作品だけど、僕の永遠のバイブルだ。

 

あの掲示板にはリアルタイムで参加していた。

あのときの興奮は今でも忘れない。


あれから僕は、これといって用もないのに、日課の様に秋葉原と自宅を往復する。

もちろん電車で。

僕はアレを期待しているから、必ず夜まで秋葉原をうろついて帰る。

アレとは、言わずもがなのシチュエーション。

「酔っ払いに絡まれる女性を助けるやつ」だ。

もう12年も、僕は絡まれている女性を探しているのに、全く出会いが無い。

 

だけど僕は今日、気付いてしまった。

 

この電車、特に帰りの電車には、ほぼ毎日同じ奴らが乗っている。

いかにもオタクなファッションに身を固めた冴えない男が7~8人。

 

僕と同じ狙いなんだろうと確信した。

 

そして同じ様に、この電車の常連になっている女性も、5~6人居るのに気付いた。

 

まさか・・・いや、考えられる。

 

彼女たちも待っているのだ。

 

絡まれた自分を助けてくれる男を。

 

結果的に、この電車には出会いを求める男女が乗り合わせているのに、お互い『あるキッカケ』を待っていて何の進展も無い状態になってしまっている。

 

僕もその『あるキッカケ』を待っていたから、分かる。

こんなに哀しいシンクロニシティがあるなんて。

 

 

僕は決心した。

 

 

僕らに決定的に欠けていたのは『女性に絡む酔っ払い』なんだ。

 

 

だから今夜、僕がその役を買って出よう!

 

そうして幸せなカップルを誕生させよう!

 

僕は、この電車内の異常な状態に気付いてしまった・・・。

知ってしまった者の役目か。

そして、12年の年月は残酷だ。

僕は立派におっさんになってしまった。

僕さえ犠牲になれば・・・。

 

 

その日、僕はかなり酔った。

 

 

元々強くもないのにたくさん飲んだので、足元はフラつくし顔は真っ赤で、ろれつも回らない。

理想的な『酔っ払いのおっさん』になることができた。

ホームで電車が来るのを待ちながら僕は、どうやって女性に絡もうか考えたが、酔った頭ではロクな考えができない。

 

こうなったら出たとこ勝負だ!

思ったことを怒鳴りまくってやる!

そして仲裁に入る若者にやっつけられよう!

 

意気込んだところに電車が来た。

 

 

開いた扉から車内に乗り込み、さぁ作戦開始だ!

 

 

「おいおいてめぇらフザケんじゃねぇぞゴルァ!

人がどんな思いでこうしてっと思ってんら?!

馬鹿じゃねぇかお前ら!

何で全員酔っ払いになってんらよ!」