読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『かなり』

私が感じる「かなり」なことを徒然に。

小学4年生くらいからおよそ30年、自分があまり変化していないなと思い知らされる

思ったこと

どうも、坂津です。

牛乳が絞られて店頭に並ぶまでの過程で、まず絞ったままの状態を原乳(げんにゅう)と呼び、ろ過などで不純物が取り除かれたものが生乳(せいにゅう)、乳業会社で殺菌などの加工がされて牛乳(ぎゅうにゅう)と呼ばれます。

という文章の中に入っていれば間違いなく読めるんですが、ごく短い文章や、その言葉単体だとついついエロい解釈をしてしまう。

「生乳(なまちち)!?ああ、なんだ生乳(せいにゅう)か・・・」

他にもノートパソコンを略した「ノーパソ」や、無商標の商品を表す「ノーブランド商品」なんかも、ついつい二度見してしまいます。

共感する人、いらっしゃいますかねぇ。

 

 

 

 

自分のプロフィールを書くときに、ちょっと困るのが「好きな食べ物」という項目です。

嫌いな食べ物ならすぐに思い浮かぶのですが、好きな食べ物となると急に難しく考えてしまいます。

毎度毎度これで悩むのも馬鹿らしいので、私はこの項目には「カツカレー」と書くことに決めています。

 

しかし、本当はそんなに大好きというわけでもありません。

 

「今ハマっている食べ物」ならすぐに回答できるのですが、「好きな食べ物」と問われた場合には恐らくある程度の摂食実績と、今後も変わらず好んで食べるであろう見込みを前提とした回答が求められているのではないかと考えてしまいます。

 

これがなかなか難しい。

 

ちょっと本気で自分の好きな食べ物について掘り下げて考えた結果、以下のメニューがリストアップされました。

・カツカレー

・チャーハン

・天丼

冷やし中華

・ぶっかけうどん(讃岐 冷)

・ポトフ

・おでん

・パニーニ

・から揚げ(鶏肉)

・カマンベールチーズ

これらのメニューは全て1位タイとして私の中に在ります。

外部環境(気温、財布の残高、直近食べたもの、一緒に食べる人など)でしか優劣が付けられない精鋭たちです。

 

しかし逆に言えば、外部環境によって選択されないという弱さを持っていると言えるのではないでしょうか。

 

本当に好きな食べ物というのは、暑かろうが寒かろうが食べる。

例えお金が無くてもどうにかして食べる。

毎日でも食べる。

誰と居ても関係なく食べる。

そういうものではないでしょうか。

 

この時点で、上記のリストは私の好きな食べ物から外れてしまうんです。

 

もっともっと深く掘り下げて、私は私の内に問いかけました。

 

そしてようやく、今後変わることが無いであろう結論に達しました。

 

 

これからの私のプロフィールに書かれる「好きな食べ物」

 

 

 

ラムネ。

表面がツルっとしたやつじゃなくて、粉っぽい大きめのやつ。

あとグミ。

熊とかコーラの瓶の形をした固いやつ。