読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『かなり』

私が感じる「かなり」なことを徒然に。

【スポンサーリンク】

体はひとつしかないし1日も24時間しかないので、全部を選ぶことはできない

思ったこと

どうも、坂津です。

自分で言うのもナンですが、私は広く浅くの代名詞的な人間で、器用貧乏の名をほしいままにする「何でもかじった程度マン」です。

たいていの話題には「聞いたことある」「名前だけは知ってる」などの浅い薄い知識で対応することができます。

あとはひたすら「それは知らなかった」「実際はそうなんだ」と聞き役に徹し、自分の中の情報に加筆と修正を行っていきます。

するとどうでしょう。

ただ広いだけで浅かった私の知識は、会話を交わした人々からの情報を得て少しずつ深くなっているではありませんか。

所詮は伝聞ですので、そこまで深くはありませんが、それでも少し掘り下げた話題にもついていけるようになります。

そうなるとその分野において更に深い知識を得る機会に巡り合います。

なので私は自分の「広く浅く」な性格を気に入っています。

深くしたい分野に出会ったら、その時それを深めれば良いだけですので。

 

 

 

妻から「ちょっと本格的に仕事がしたい」と言われました。

少し前まで正社員としてバリバリに働いていた妻ですが、カレンダー通りの休みではない小売業が天職でした。

私と休みが合わないということで話し合った結果、今は仕事を辞め、一日中家でゴロゴロしてもらっています。

しかし生来の働きたがりがいつまでもダラダラした生活など続くはずもなく・・・。

 

私の希望としては現状維持ですが、それを分かった上での相談だということも理解していました。

なので私は「応援するよ」と言いました。

 

さて、世の旦那さん方と同様に、私には「個人の時間」がほとんどありません。

仕事中は言わずもがなですが、休日も必ず妻がおり、出掛けるのも一緒。

それが苦痛では無いので別にどういうことも無かったのですが、さて妻が働きに出るということは休日に私が家に一人で居る時間ができるということです。

 

なんだろう、このワクワク感。

 

妻が仕事を辞めてくれて、家に居るようになる前はやれてたけど、今は妻が横にいるからしてなかったことが、いっぱいあった。

・ホラー映画を見ること

・ニコ動で東方系を視聴しあさること

・食べたい料理を食べたい味で作ること

・漫画を描くこと

・90年代のアニソンを聴きながらドライブすること

・防波堤から釣り糸を垂れること

・ジャンク屋で買ってきた部品を組み立ててPCを作ること

・畑でタマネギを育てること

 

これらは、我慢していたワケでは無いんです。

しないならしないで、別に構わなかったし。

 

妻と休みを合わせることと天秤にかけて、私は妻との時間を選択したので。

 

なのに、いざできる可能性が目の前に現れると、心は揺れるものなんですね。

 

 

 

ということを一瞬のうちに考え、私は「応援するよ」と言いました。

 

恐らくは私のこのヨコシマな考えなど想像もしていない妻は、喜んで求人情報を集め出しました。

 

さて、私の生活がどう変わるのか、自分自身が楽しみでしょうがない。