読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『かなり』

私が感じる「かなり」なことを徒然に。

ライオンの檻に「同じ四足歩行でしょ」とチワワを投げ入れる馬鹿は居ない

思ったこと 遭遇したこと

どうも、坂津です。

杜王町の街並の色がとても好きです。

良い意味で「雑な」感じが素晴らしい。

引っ越したくはないけど。

 

 

 

私はオタクです。

いや、胸を張って言えるほどのオタクではありません。

普通の人から見れば十分にオタク、しかし普通のオタクから見れば不十分なオタク。

要するに中途半端なんです。

会社のデスクに置いてあるカレンダーはお手製で、5月の今はチルノと大ちゃんが涼しげな雰囲気を醸し出してくれています。

ちなみに来月は梅雨なので多々良小傘です。

オフィス内ではそんな私をオタクとして扱い、私もそれを許容しています。

しかし、たまに相手が「ガチ」だったりすると困ったことになります。

 

普通の人はオタクについて詳しくありません。

十把一絡げに「オタク」という分類としてしか認識してくれません。

しかしオタク業界ほど理解が難しい世界も無い、と言っても過言ではないほど、なんともジャンルが煩雑な業界なのです。

その上、自分が身を置くジャンル以外には排他的であり、時には敵対視すら厭わない。

 

そんなオタクに対して一般人は「え、そういうのが好きなんだ。ウチの会社にも居るよ、そーゆー奴」みたいなことを平気で言ってしまう。

オタクとオタクの区別がつかないから。

で、混ぜようとする。

「今度紹介しようか、面白い奴だよ」

こんなことを言われた時点で人生経験、特に対人経験値の乏しいオタクはすぐに「自分と同じ種族の仲間に会える」と勘違いしてしまう。

 

そしてドヤ顔で両者を引き合わせる一般人の横で「デュフフ・・・」と挨拶を交わしたオタクたちは、たった数秒でお互いの住む世界が違うと悟ってしまう。

 

こんな不幸なことが世の中にはあるんです。

 

これが、他ジャンル在住だったとしても同レベルのオタクなら、ある程度の会話は成立するのですが、全ての軸でレベルが違う場合は会話が成り立ちません。

コミュニケーションが取れないんです。

 

私のような広く浅くのオタクモドキが、何の因果かガチもガチどこからどう見でもそのスジのヒトと意思疎通など図れるはずもないんです。

 

「昔、少年野球で一度だけホームランを打ったことがあるよ」

という私を、一度もスポーツなどしたことのない人が過剰に評価し

「坂津さんってスポーツマンなんですね」

と判断し、いきなり知り合いのプロサッカー選手と引き合わせる。

「スポーツマン同士だから話が合うでしょ。ドヤァ」

 

こんな地獄があろうか。

 

だから皆さんも、誰かと誰かを引き合わせるとき、せめて両者のレベルが同じ程度かどうかは見極めてからにしていただきたい。

自分が明るくないジャンルの人だとしても、せめてレベルは。

レベルだけは。

 

お願いします。