読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『かなり』

私が感じる「かなり」なことを徒然に。

【スポンサーリンク】

人事を尽くして天命を待った結果について

思ったこと

どうも、坂津です。

「良かった・・・病気の子供はいないんだ」

という有名な小話がありますが、この境地にはどのような人生を歩めばたどり着けるのか。

 

 

「よかった・・・病人はいねぇのか・・・。」

 

あの局面で“良かった”と言えるヒルルク先生は本当にすごいですよね。

 

「おれァてっきり…国の一大事かと…。何だァ…おれがダマされただけか…。」

と言ってのける心の広さを、私も備えたいものです。

 

人は難局を乗り切ろうと努力して、その努力が大きければ大きいほど肩すかしを喰らったときのダメージは測り知れません。

そしてほとんどそのダメージは憤怒、もしくは空虚感に転換されます。

 

 

匠の拡張工事でリフォームされて劇的に広くならないかなぁ、心。